TOUCHSPOT(タッチスポット)のロゴ
  • HOME
  • インタラクティブ動画
  • 5Gで動画は次の時代へ!インタラクティブ動画で5Gに乗り遅れるな
インタラクティブ動画

5Gで動画は次の時代へ!インタラクティブ動画で5Gに乗り遅れるな

5Gで動画は次の時代へ!インタラクティブ動画で5Gに乗り遅れるなのサムネイル画像
PUBLISH: 2020.05.29

次世代の移動通信サービスである「5G」が遂に、2020年に日本にも導入されるとして話題を呼んでいます。しかし、“5Gってよく聞くけど何ができるようになるの?” “映画が2秒でダウンロードってホント?” などの疑問を抱えている人も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、通信の発達によって益々成長していくと言われている動画広告市場について、5G時代の新しい動画マーケティング手法として注目を集めている「インタラクティブ動画」を取り上げながらご紹介します。

5Gとは

5Gとは「5th Generation(第5世代移動通信システム)」の略で、次世代の通信規格です。 5Gが普及すれば、今まで以上にさまざまなモノがネットワークに接続され(IoT:Internet of Things)、生活のあらゆるところで通信が行われると予測されています。これまでの技術が大きく進歩したり、新しいサービスが生まれたりすることで、社会全体がより便利かつ快適になるでしょう。

【引用】5Gと4Gで何が変わる? | 法人のお客さま | ソフトバンク

5Gの特長

高速かつ大容量

2時間の映画を数秒でのダウンロードが可能になると話題の5Gによって、通信速度が飛躍的に向上し、容量の大きな4KやHDなどの高画質の動画もノンストレスで視聴することができるようになります。ビジネスにおける多量のデータのやりとりなども、Wi-Fi環境を気にすることなく、スマートフォンからより快適に行えるようになります。

低遅延

5Gでは通信の遅延が短縮され、より安定した接続を可能にします。オンラインゲームやビデオ通話などの今までタイムラグに悩まされていたものは遅延を感じることなく、リアルタイムに近い通信を可能にします。

多数同時接続

5Gではより多くの機器を同時にネットワークに接続できるようになります。スマホやパソコンなどのモバイル端末だけでなく、家電やウェアラブルデバイスといった家中の様々な機器が、常に同時接続されるIoTの普及が本格化する見込みです。

AdobeStock 322483658

5Gになってできること

4K・8Kなど容量の大きい映像の配信

5Gの高速かつ大容量な通信によって、4K・8K映像のストリーミング配信など、これまでの通信インフラでは叶わなかった、高画質の映像もスマホやタブレットなどのモバイル機器でスムーズな視聴ができます。遠隔地で行われている、スポーツや音楽ライブなどをリアルタイムで、会場にいるのと同じように楽しむことができるようになります。

VR・ARなどの体験型の映像が増加

通信が高速化し、低遅延になることによって、VR(仮想現実)・AR(拡張現実)などのネットワークを介した仮想空間の広がりが予測されます。現在でもスマホアプリなどに導入されつつあるVRやARですが、5Gによって今まで以上の多彩な表現が可能になります。

【参考文献】5Gと4Gで何が変わる? | 法人のお客さま | ソフトバンク

5Gで動画マーケティングはどのように変わる

5G時代に突入することによって、前述のように映像の分野は大きく成長が見込めるため、その広告利用に乗り出している企業は増加すると予測されています。

日本の現在の動画広告の現状

現在の4G環境であっても動画広告は目まぐるしい発展を遂げています。インターネット広告媒体費全体を広告種別の構成比でみると、動画広告が約20%を占めるまでに成長し、前年の1.5倍の広告費となっています。2020年以降のインターネット広告でも動画分野は更なる成長を遂げると予想されています。

5Gの発達によって、外出先でもスマートフォンによる快適な動画視聴が可能になるため、より一層動画が生活の一部となるでしょう、それに伴って動画広告市場の成長も確実なものとなることが予想されます。

動画広告費(作成物)

【動画広告市場の推移(予測)】

【参考文献】2019年 日本の広告費 インターネット広告媒体費 詳細分析

新しいタイプの動画広告の必要性

多数の動画広告の中で、自社の動画に目を留めてもらうためには、他の企業との差別化を図る必要があります。しかし、VRやARなどの普及は進んでいくと予想されているものの、未だ動画広告としての役割を担えているわけではありません。そこで、最新技術を用いた体験型動画広告「インタラクティブ動画」をご紹介します。

新しい動画マーケティング「インタラクティブ動画」とは

インタラクティブ動画とは動画内に視聴者がタップできるボタンを設置し、視聴者が動画視聴時にリアルタイムでアクションを起こすことが出来る動画です。動画内の分岐ポイントで出てきた選択肢に対して、視聴したいストーリーを自身で選べることから、興味・関心が沸きやすいとしてそのアクション性が注目されています。

下のインタラクティブ動画は外務省様のODAの活動を紹介するために作成した事例です。「鷹の爪団」のキャラクターと会話してストーリーを進めていくことによってRPGゲームのような体験と理解の促進をもたらします。

インタラクティブ動画はこの今までにない新しい視聴体験によって、ユーザーの動画理解を促進させる効果があります。エンゲージメントやコンバージョンの増加など様々なメリットをもたらすことができる新しい動画広告手法です。

触れる動画・インタラクティブ動画とは?メリットや事例をわかりやすく解説動画広告を試してみたいけど何が良いのかわからない、活用しているけど実際に効果が出ているとは思えない… この様に、動画広告を上手く活用したいが、なかなかその活用方法が分からないという理由で悩んでいませんか? 実際、動画広告に溢れている現代で、人々の印象に残るものを作成するのは非常に困難です。そこで今回は人々の印象に確実に残る触れる動画「インタラクティブ動画」をご紹介します。

5Gとインタラクティブ動画

インタラクティブ動画はストーリーの分岐先を再生する際に通信を使用するため、通信環境によっては、動画の読み込みに多少の時間がかかる場合があります。しかし、5G環境下では通信速度向上により、高精度のインタラクティブ動画であっても、ロード時間を気にせず快適に再生ができるようになります。

再生環境が整うことによって、広告配信側の “ロード時間があることによって離脱されてしまうのではないか” などの懸念点も解消されるため、ユーザーの興味を引きやすいインタラクティブ動画を今後見る機会は増加していくと予想されます。つまり、5Gへの転換はインタラクティブ動画の普及に非常に効果的なものとなるでしょう。

GIF 05

5G普及までに準備すべきこと

これまで5Gにより動画広告が大きく成長することをお伝えしました。通信環境に悩まされるという動画広告の時代は終わり、時間や場所を選ばず動画視聴できる環境が整うことによって、広告配信側・視聴者側ともに動画との距離が縮まっていくと予想されています。

そのため、企業は5G時代に向けて自社にあった動画広告を検討することが、必要不可欠です。さらに、動画広告増加に伴った他企業との差別化のためにもインタラクティブ動画などの新しい手法を検討してみることも重要になってきます。

まとめ

5G時代の到来によって、通信の高速化や遅延の低下が進み、4K・8Kなど多量の通信を使用するものや、AR・VRなどの低遅延を利用した体験型の動画がより身近に感じられるようになるでしょう。この様な動画は今後広告利用が進んで行くと予想されており、先行して「インタラクティブ動画」などの新しい手法を導入している企業も見られるようになってきました。

5G時代突入による動画広告乱立の波にのまれないように、インタラクティブ動画のような新しい動画広告に挑戦してみてはいかがでしょうか。

PUBLISH: 2020.05.29

ピックアップPICKUP

インタラクティブ動画
見て、触って、もっと知る。顧客接点を生むインタラクティブ動画のメリットとはのサムネイル画像

見て、触って、もっと知る。顧客接点を生むインタラクティブ動画のメリットとは

2020.10.15
インタラクティブ動画
インタラクティブ動画なら動画内タップ数も計測可能!?動画一つでPDCAの回せる秘密を解説!のサムネイル画像

インタラクティブ動画なら動画内タップ数も計測可能!?動画一つでPDCAの回せる秘密を解説!

2020.05.29
インタラクティブ動画
インタラクティブ動画の事例紹介!実際の作成事例をふまえてその活用方法を徹底解説のサムネイル画像

インタラクティブ動画の事例紹介!実際の作成事例をふまえてその活用方法を徹底解説

2020.05.15
インタラクティブ動画
誰でも簡単にできる!インタラクティブ動画の作り方を紹介のサムネイル画像

誰でも簡単にできる!インタラクティブ動画の作り方を紹介

2020.05.15
インタラクティブ動画
触れる動画・インタラクティブ動画とは?メリットや事例をわかりやすく解説のサムネイル画像

触れる動画・インタラクティブ動画とは?メリットや事例をわかりやすく解説

2020.05.15