TOUCHSPOT(タッチスポット)のロゴ
TouchSpotmoobeContact
  • HOME
  • インタラクティブ動画
  • インタラクティブ動画でオフラインへの流入を促進!O2Oマーケティングの活用事例を解説
インタラクティブ動画

インタラクティブ動画でオフラインへの流入を促進!O2Oマーケティングの活用事例を解説

インタラクティブ動画でオフラインへの流入を促進!O2Oマーケティングの活用事例を解説のサムネイル画像
PUBLISH: 2020.05.29

ネットショッピングの普及が進み、Amazonや楽天などを用いて、実際の店舗に訪れることなく商品を購入する機会が増加しました。ユーザーにとっては非常に楽にショッピングができるようになった一方で、店舗への来客数が少なくなったと嘆く事業者の方々も多いのではないでしょうか? そこで、今回はオンライン上で深い理解を促進させ、実店舗への送客が見込める動画を使った新しいO2Oマーケティングをご紹介します。

O2Oマーケティングとは

O2Oとは「Online to Offline」の略で、Webサイトや広告などの「オンライン」で集客を行い、「オフライン」である実店舗への来店を促すマーケティング手法のことです。

店舗を持つ企業や事業者が自社の公式ホームページ(オンライン)で、実際に店舗で使えるクーポンの配布や店舗で行うイベントの告知などをすることによって、ユーザーの来店(オフライン)への意欲を高めて店舗への流入へと繋げる手法です。

近年ではスマートフォンの普及によって、足を運ぶ前にその店舗の情報を検索することが当たり前になっています。そのため、公式ホームページに限らず、SNSや食べログやぐるなびなどのポータルサイトを活用して集客をしている事業者は非常に多いです。

【参考文献】O2O とは 意味/解説/説明 (オーツーオー) 【Online to Offline】

O2Oマーケティングのメリット

AdobeStock 181644729

新規顧客の獲得に繋がる

オフラインでのビラ配りや掲示広告などはリーチできる人数が限定的であり、新規の顧客獲得には繋がりずらいです。しかし、O2Oマーケティングを用いることで、場所の制限がないため今までアプローチすることができなかったユーザーにも店舗の魅力を訴求できます。

オンラインの場合、ユーザーがその場で来店予約などをすることができるため、サイト閲覧時のユーザーの店舗に対する興味や関心を逃さずに来店へとつなげることが可能です。その際に、ビラと同様にクーポンを付与することによって、さらに来店へのハードルを下げ新規顧客獲得に効果を発揮します。

効果を実感できる

O2Oマーケティングでは、実際に店舗に訪れることを目的としているため、ネット経由で店舗に誘導することができた人数の計測のみで、マーケティング施策が機能しているのかを判断して、効果を測定することができます。 クーポンなどを設置した場合、流入数の中のクーポン使用率を計測することによって、その効果がどれほど発揮できているのかを計測できます。

オンラインとオフラインの連動が可能になる

インターネットと店舗の特性を理解して活用することで、お互いのメリットデメリットを補完することで、売上アップやリピーターの獲得につなげることができます。

例えば衣料品店の場合、店舗で色やサイズなどを実際に見て、インターネットで購入してもらうことによって、店舗での在庫管理を楽にすることができます。逆に、インターネットで注文して店舗で受け取ることで、ユーザーは商品の配送時間などに縛られない買い物をすることが可能になります。

【参考文献】O2Oマーケティングのメリット・デメリットとは?導入企業の事例解説

O2Oマーケティングに効果があるインタラクティブ動画とは

インタラクティブ動画とは動画内に視聴者がタップすることができるボタンを設置し、視聴者が動画視聴時にリアルタイムでアクションを起こすことが出来る動画です。この双方向性によって、エンゲージメント(ユーザーと企業の親密さ)やコンバージョンの増加など様々なメリットをもたらすことが出来ます。

なぜインタラクティブ動画はO2Oマーケティングに効果があるのか

理解を促進させる双方向性

インタラクティブ動画のその双方向性によって、視聴者にサービスを体験させて利用イメージをユーザーに沸かせる体験型動画や、店舗の様子やサービスの詳細など視聴者が知りたい情報を自身で取捨選択することができる動画を作成することが出来ます。

この新しい視聴動画体験によって、来客時にユーザーが抱える不安や疑問を解決させ、ユーザーの理解を促進させることが出来るため、O2Oマーケティングに最適です。

01_新しい動画視聴体験_gif

ユーザーの印象に残る動画に

インタラクティブ動画の動画を自身でタップするという触覚的な部分や、視聴者自身が見たい動画を選択するという視聴者との双方向性によって、新しい動画視聴体験をもたらし、良い印象を視聴者にもたらすことが可能です。

ホームページにこのインタラクティブ動画を設置することによって、企業のブランディングとしての役割を果たすことができます。このいいイメージはユーザーの来店ハードルを下げ、オフラインへの誘導を促進させることができます。

01_インタラクティブ動画とはgif

インタラクティブ動画でO2Oマーケティングを活用した事例

疑似体験型サービス紹介動画

AIR GROUPの疑似体験コンテンツを利用したO2Oマーケティング事例です。キャストとの実際の会話ができるという疑似体験によって、サービス内容に触れてもらい来店へのハードルを下げることで、送客につながった事例です。

施設紹介とQ&A動画

東急不動産「Plug and Play Shibuya」の施設紹介・Q&Aでの活用事例です。施設内の様子やQ&Aが視聴者自身で選択できるため、知りたい情報に直接アクセスできることで、視聴者の施設理解を促進させ、送客につながった事例です。

まとめ

自社のホームページやSNS(オンライン)から店舗(オフライン)への流入を促進させることができるO2Oは、店舗を持つ事業者の方に最適なマーケティング手法であり、インタラクティブ動画によって、その効果を最大限に引き出すことが出来ます。サービスの体験や情報の取捨選択などによって、ユーザーに新しい視聴体験をもたらすインタラクティブ動画を用いて、店舗への送客を促進させてみてはいかがでしょうか。

PUBLISH: 2020.05.29

Index

ピックアップPICKUP

触れる動画・インタラクティブ動画とは?メリットや事例をわかりやすく解説のサムネイル画像

触れる動画・インタラクティブ動画とは?メリットや事例をわかりやすく解説

2020.05.15
誰でも簡単にできる!インタラクティブ動画の作り方を紹介のサムネイル画像

誰でも簡単にできる!インタラクティブ動画の作り方を紹介

2020.05.15
見て、触って、もっと知る。顧客接点を生むインタラクティブ動画のメリットとはのサムネイル画像

見て、触って、もっと知る。顧客接点を生むインタラクティブ動画のメリットとは

2020.10.15
インタラクティブ動画の事例紹介!実際の作成事例をふまえてその活用方法を徹底解説のサムネイル画像

インタラクティブ動画の事例紹介!実際の作成事例をふまえてその活用方法を徹底解説

2020.05.15
インタラクティブ動画なら動画内タップ数も計測可能!?動画一つでPDCAの回せる秘密を解説!のサムネイル画像

インタラクティブ動画なら動画内タップ数も計測可能!?動画一つでPDCAの回せる秘密を解説!

2020.05.29